about


「丁寧な手仕事を日々の食卓で」

沖縄の”やちむん”(焼物)に見られる
伝統的なデザインも、 o-gusuya
(オーグスヤ)では一味違った器に
仕上がっています。

伝統工芸に認定されている「壺屋焼」の
技術とデザインをベースに
日々の暮らしに寄り添う、シンプルで
手触りの良い普段使いの器を
沖縄の小さな工房からお届けします。





金城 英樹(きんじょう ひでき)

1972年 那覇市生まれ
九州産業大学 美術科 卒
「陶眞窯」(沖縄県読谷村)にて
陶芸を学ぶ
2003年 宜野湾市伊佐にて
「工房オーグスヤ」設立
2018年 壺屋陶器事業協同組合 加入
2019年 第2回沖縄壺屋焼10人展 参加
同 10月 「緑釉唐草文七寸皿」が
宜野湾市特産品推奨製品として認定
同 11月 「緑釉唐草文七寸皿」が
第30回宜野湾市産業まつり 商工部門
製品コンテストにて 奨励賞 受賞
同 11月. 沖縄総合事務局長表彰 
奨励賞 受賞
2020年 1月 第72回沖展にて 
特別賞「うるま市長賞」受賞



金城知子(きんじょう ともこ)

1969年 東京生まれ
セツ・モードセミナー 卒
「陶眞窯」「宮陶房」(読谷村)にて
陶芸を学ぶ
2003年 宜野湾市伊佐にて
「工房オーグスヤ」設立


~o-gusuya(オーグスヤ)の意味〜

工房名の「オーグスヤ」は、青緑色の
釉薬のこと。
沖縄の方言で青緑色を”オールー”
薬を”グスイ”と呼ぶことから
”オールーグスイ”→”オーグスヤ”となったのではないか?と言われています。

この釉薬の正式名称は「琉球青磁」というもので、本土の青磁釉とは原料や
製法がことなる、沖縄独特の釉薬です。

言葉の響きと、風土の特有さから沖縄の
風を感じつつあえてローマ字表記にすることで、沖縄で言うところの
”チャンプルー”という色々な要素が
混ざり合って作り出される
そんな器があっても面白いのでは?
との思いで名付けました。


  • Home
  • About
  • Blog