2018/04/03 16:53

私たちの作る器は、土作り・釉薬作り・成形 と

全て手作りとなっております。


その為、

 ・原材料の成分の微妙な変化や釉薬の調合や濃度、

  焼成状態による色味の差

 ・一つ一つ手作業での成形による形状、サイズ感、

  線彫り、絵付けの個体差など

器の一つ一つに違った表情がございます。


下記のご案内を十分ご理解いただいた上で

ご注文されることをお勧めいたしております。

どうぞ最後までお読みください。


<ご注意頂くこと>

1、商品は、画像と実物で色合い、風合いが若干

  異なります。

  また、お使いのモニターや機種によっても

  異なって見える場合がございます。

2、当工房の商品は 全て「土」を原料とした

  「陶器」となっております。

3、電子レンジ・オーブントースター・オーブン・

  直火でのご使用はおやめ下さい。

  破損、変形の原因となります。

4、食器洗い乾燥機でのご使用もできるかぎり

  控えていただくか、器同士がなるべく

  接触しないようにご注意ください。


<陶器の特徴>

1、色ムラ、垂れ、滲み

  成形後に白化粧土を施す際に生じる

  白味の濃淡の差異や絵付けでの筆跡や

  釉薬の濃淡・垂れがございます。


2、貫入(かんにゅう)

  成形した土と釉薬それぞれの収縮率の

  違いによって、表面にヒビのような線が

  見られることがございます。

  ご使用中に落としたり、ぶつけたりといった

  衝撃を加えていない限りは

  このような貫入と呼ばれるものです。

  ご使用上の問題はございませんが、

  長らくお使いいただくうちに茶渋などが

  染み込み、線となって浮き出てくることが

  ございます。


3、ピンホール、気泡

  表面に小さな穴のようなもの

  (ピンホール)や小さな気泡が生じる場合が

  ございますが、ご使用上の問題はございません。




4、鉄粉

  時々表面に黒っぽい斑点が見られます。

  原料の中に含まれる鉄分が焼成の際に反応した

  もので、ご使用上の問題はございません。



5、高台内の線

  成形後に白化粧土を施しますが、

  乾燥する段階で高台に沿って化粧土に

  亀裂が生じて、ヒビ割れのように

  見えることがございます。

  これは表面上のもので、上から別の釉薬をかけて

  表面を保護しておりますので、

  破損等の心配はございません。




<お手入れについて>

 陶器の性質上、長時間水にさらすとピンホールや

 貫入から水滲みが出る場合がございます。

 ご使用上の問題は無く、乾くと消えますが、

 色のついた液体や茶渋の場合は

 長期間お使いいただくうちに染み込み

 線となって浮き出てきます。


 これらは「器を育てる」といって

 陶器の持ち味の一つでもあり、

 変化を楽しんでいただけたら幸いですが

 できるだけ長く綺麗な状態でお使い頂くためには

 以下のことをお試しください。


 ●はじめてお使いいただく際には、台所用洗剤で

  よく洗ってから水に一晩つけていただく

 ●お使いいただく前に軽く水につけて器の生地を

  水分で飽和させてあげる

 ●お使いいただいた後は、出来るだけ

  早く洗っていただく

 ●表面的な茶渋の汚れなどは、その都度重曹

  またはセスキ炭酸ソーダを少量の水で溶き

  擦り落としていただく

  また、色素の染み込みが気になる場合は

  漂白剤をお試しください。

 ※必ずしも染み込みが綺麗に戻るとは

  限りませんのでご了承ください。


これらのことに気を付けていただくと

比較的綺麗な状態を保てますが、

いずれも完全ではなく、着色を遅らせる

ということですので、ご了承ください。


お客様都合によるご注文後のキャンセルや

返品には応じかねますので
以上の事をご理解いただき、よくご考慮の上

ご注文ください。


また、ご不明な点がございましたらご注文前に

お気軽にメールにてお問い合わせください。 

  • Home
  • About
  • Blog